うつ病.com

うつ病に悩んだ私が、うつ病に悩んでいる人のために作ったサイト

うつ病の薬は飲まないでほしい!だから私の場合元気になった!

      2015/11/15

花の画像_

jj(30代女性)と申します。

うつ病の薬は飲まないでほしいほしいと思います。私の場合はあえて自分の気力で、病気から立ち直ろうしました。自分がうつ病と認めたくないことも理由です。最初は喉に違和感を覚えました。後日、急に自分自身がわからなくなり、心療内科で診察を受けました。

初めの症状と診察

私のうつ病になった1年間のお話をします。私は基本明るくて面白くて、友達も多く憎まれる存在でもありません。私は基本的に敵を作らないし、みんなに嫌われないようにしています。結局は、理由がないうつ病でした。合計4か所の精神病院や心療内科をまわり、私の病名は発見されました。

初めに症状が出たのは朝起きてからです。喉に違和感を覚え、何度も唾を吐いたり、飴玉をたべたりして、喉のケアに最善を尽くしました。それでも1週間ほど続くので、異常があるのかと思い内科へ行きました。

そのあと、先生から甲状腺の病院へ行くように言われましたが、そこでも問題はありませんでした。甲状腺のエコーを、首から胸にかけて診療しましたがやはり異常はありませんでした。

さらに先生が、呼吸器内科へ紹介状を書いていただきました。そのあと先生から、これはストレスの可能性が高いので心療内科へ案内状を作成していただきました。

ついに、母を連れて心療内科へ行きました。私は悩み事もなく、何がストレスの原因か不明でしたが、それでも心療内科へ向かいました。そこで症状を一つずつ説明しました。やる気が出ず、首の絞めつけられている変な違和感がストレスになっていると、私はやっと説明しました。。

急に自分自身がわからなくなる

その3日後に、いつも普通に通勤で乗っていた車で高速道路を使用した際に、急に自分自身がわからなくなりました。急に手の感覚が失われ、記憶が飛ぶようになってしまいました。私自身が何をしているのか真っ白な状態で、びっくりしてしまいました。

呼吸が苦しくなり何か変な圧迫感に襲われ、一度すぐパーキングへ停車しました。あわてて母に電話するも、ろれつが回りません。なんなのこの状況?いったい私はどうしたの?母からはシッカリしなさい!と言われました。その母は、高速のパーキングへ急いで来てくれました。

私は大泣きしてしまいました。状況が何かわからず母もびっくりしていました。高速で何か幽霊にも憑りつかれたのかのパニックになりました。母親は塩とお酒を買ってきて、清めて体と車に撒いてくれました。

状況は翌日も続きました。仕事の際に、急に何をしているのかわからなくなりました。職場でもろれつが回りにくく、変な汗が出てきて気分が悪くなったりしました。

もらった精神安定剤を飲まない

早退、心療内科で先生から少し軽い精神安定剤をもらいました。私は、自分がうつ病と認めたくないために飲みませんでした。実は、一度は飲みましたが、余計に眠くて、だるくて眠気がすごかったからです。

先生にも母親にも、よくなるまで飲みなさいとの言われました。自分がうつ病と認めたくはないので、余計にストレスを感じました。

自分の気力で立ち直った

自分の気力で立ち直ろうとしました。本を読んだり、ジムへ行ったりしました。明るい曲を聴いたり、サウナでリラックスしました。母に付き添ってもらい、行動しました。

あの時の心境は、本当にどうなっていたのかと思うほどです。この1年感は、辛かったです。

それでも、あえて自分がケミカルの化学物質の薬でコントロールされるのが嫌で薬を飲まなかったから、今の元気な姿があると思っています。

 - うつ病体験談