うつ病.com

うつ病に悩んだ私が、うつ病に悩んでいる人のために作ったサイト

うつ病の薬には強い副作用があることも。それでも薬を飲みつつ妊婦生活を送りました。

      2015/09/19

花の画像

koko(30代女性)と申します。

私のうつ病の症状は、最初睡眠障害から現れました。今の薬にたどりつくまでには3年近くかかりました。どん底からは抜け出せましたが、再発防止に少量の薬を飲み続ける必要があります。本当に大丈夫になったら、最終的には薬をやめたいと思っています。

寝ようとしても眠れない日々

いつもの時間に布団に入り寝ようとしても眠れない・・・そんな日々が2週間くらい続きました。その後、食事が食べられなくなりました。食欲がないのとは違い、食事が食事に見えませんでした。

そこでやっと病院に行き、なにやら知能テストのようなものを受け、軽いうつ病と診断されました。しかし私が行った病院はかなり病気のひどい人が受診していた病院のようで、だから軽いうつ病だったのかもしれません。薬を処方してもらい、飲みましたが倒れてしまいました。

何度もチャレンジをしましたが、必ず意識を失って倒れてしまいました。そこからドクターショッピングが始まり、今の病院に落ち着くまでに5か所くらいの病院にいきました。

気分障害(重度うつ病)

今の病院で、同じように知能テストみたいなものを受け、確定された病名が「気分障害(重度うつ病)」でした。今まで飲んでいた薬をみせると、こんな薬処方されてたの?って言われました。薬はかなり副作用が強く出るような薬でした。

今では、病名も増えてしまい「境界性人格障害によるうつ病」「気分障害(重度うつ病)」になりました。薬も、前に処方されていた病院の薬からガラッと変わり、抗鬱剤、安定剤、睡眠導入剤、睡眠薬などになりました。

もちろん、薬は少なくはありませんが、この今の薬にたどりつくまでには3年近くかかりました。この薬は効かない・・・じゃぁこっちの薬にしようか・・・イライラが収まらない・・・こっちの薬をたしてみようか、などさまざまな試行錯誤がありました。

どん底からは抜け出せた

今でも、日本最強の鎮静剤を飲んでいますが、この間に、予期せぬ出来事がありました。それは、諦めていた2人目の妊娠です。

本来であれば、薬を全部やめなければならないはずです。ところが母体の安定を優先に考えてくれた産婦人科の先生と、メンタルクリニックの先生が連絡を密にとってくださいました。そしてできるだけ薬は減らす方向だけど、最低限の薬は飲むということで落ち着きました。

そのまま薬を飲みながら、妊婦生活を送りました。私自身、薬を飲みながらには不安もありました。障害を持って産まれてきたら・・・ちゃんと産まれるかなど不安がありましたが、37週4日で元気に障害もなく産まれてきました。

その後、うつ病が悪化したりして入退院を繰り返しましたが、メンタルの薬を調整してもらい、現在は安定しています。

しかし、この病気は治ったということはあまりなく、どん底からは抜け出せたが再発防止に少量の薬を飲み続け本当に大丈夫になったら最終的に薬をやめるという段階をふんでいきます。私はまだ、強い薬をのんでいるので減薬できるのはまだまだ先かなと思っています。

 - うつ病体験談