うつ病.com

うつ病に悩んだ私が、うつ病に悩んでいる人のために作ったサイト

うつ病の原因は家族にあった。それでも病気になったことは後悔していません。

      2015/09/21

花の画像

さかえ(40代女性)と申します。

私のうつ病の原因は、家族にありました。いまは実家を出てストレスがない生活を送っています。私はうつ病になって、これまで不幸と思ったことはありません。後悔もしていません。助けてくれる人や支えになってくれる人がいるからです。

私がうつ病になったきっかけ

私は、後々知ったのですが、子供の頃から発達障害がありました。そのために、集団行動や人とのコミュニケーションがとても苦手でした。特に、決まった時間に決まった場所に行くというのがすごく苦手でした。

学校とか、社会に出てからも体調が悪いわけではないのですが、行きたくない日があったり、遅れて行ったりすることがありました。当時は、CDショップで働いていて自分でも好きな仕事でした。それでも、行きたくない日があったりするのです。

働き始めて3年程経った頃に、私の職場に転勤してきた男性がいました。私は当時すごく仕事を頑張っていて、たくさんの仕事を任されていました。

その男性は裏方で地味な作業をしていました。音楽については詳しいわけでもなかったのですが、勤続年数が長いため、私より給料面ではよかったのです。

それを知った時から、少しづつ体調に変化が出てきて、仕事に行くと過呼吸になって帰るということを何度か繰り返しました。それと、食事をとっても全部吐いてしまうか下してしまっていて内科で毎日、点滴を打ってもらっていました。

しかし、よくなることはなかったのです。そんなある日、内科の帰りに向かい側に精神科があることを知り、なんとなく入りました。その時にうつ病だと診断されました。私は、発達障害からと、仕事での精神的ストレスでうつ病になってしまったのです。

うつ病に理解のない家族

帰ってきてから、うつ病だと家族に告げたのですが、「怠け」だとか「気の持ちよう」だと言われ続けました。それは、20年経った今でも変わっていません。

病院で仕事を休むように言われたので店長に相談し、私は、仕事を辞めて静養することを選びました。自宅療養を3ヶ月程していたのですが、よくなるどころか家にいることのストレスでどんどん悪化しのした。過呼吸の発作を起こす毎日と死にたいと思う毎日でした。

ある日自傷行為をし救急車で運ばれ、そのまま入院しました。入院してからしばらく記憶がありませんでした。

病院は思ってた程、居心地の悪いものではありませんでした。家に居た方がよっぽど私にとっては、ストレスだったのです。

退院してからの私

半年程入院し、私は、退院しました。そして、自宅療養をしながら、仕事探しをしました。仕事も見つかり、働き始めたのですが、うつ病はその時は本当に良くなっていて、仕事も楽しくでき、新しく仲間もできました。

体調もとてもよく、それでも予防としてしばらく通院は続けていました。私のストレスの原因は、家族にもあると主治医の先生から言われました。実は私は母親から、暴言や暴力を受けていました。特に、うつ病になってからがひどかったです。

それで先生に一人暮らしを勧められ、現在は、一人暮らしをしています。今は、全くストレスのない生活を送っています。実家を出てよかったと思います。

うつ病になって学んだこと

私はうつ病になって学んだことがあります。まず自分がとても、ストレスに弱い人間だということに気づきました。

また人に対して優しくなれました。入院した時に主治医の先生や看護師さんにとても良くしていただいたからです。心の病気を経験した人は、人の心の痛みがわかる人なんです。だから、常に人に優しくと思うようになりました。

私はうつ病になったことを、悔やんだりしていません。むしろ、自分になかったものが身に付いたような気がします。きっと、なんで私がこんな病気に!なんて思ってる人もいるかと思いますが、うつ病は、よくなりますし、そして、人に優しくなれてプラスになることもたくさんあります。

みなさんもノンビリとゆったりとして、体調の悪い時は休んでください。必ず元気に戻れる時がきますから。その時には、人に親切になれてると思います。

 - うつ病体験談