うつ病.com

うつ病に悩んだ私が、うつ病に悩んでいる人のために作ったサイト

私のうつ病の原因は、仕事場での執ようないやがらせでした

      2015/09/04

花の画像

ひでかず(30代男性)と申します。

私のうつ病の原因は、仕事場での執ようないやがらせでありました。それがひどくなっていくにつれて、動けなくなってしまったのであります。それを精神科のお医者さんに、治してもらったのであります。この方法が一番いいと思います。

うつ病になった原因

私がうつ病になった原因は職場でのいやがらせでありました。私は職場で浮いてしまった理由としては、周りの人間よりも頭が良くて学歴が優れていたからであります。それにねたんだ周りの人間たちが、私に対していやがらせを始めてきたのであります。

主な嫌がらせの例としては、私のことを無視する、人格否定の言葉を吐く、職場についた瞬間家に帰れと文句を言う、私の机の上に落書きをするといったものでありました。

これは耐えがたいもので、だんだん私の心は病んでいったのであります。そして私はうつ病になっていったのであります。

うつ病の症状

うつ病の症状としては食欲がなくなってしまう、何を食べても吐いてしまう、その場から動けなくなってしまうということでありました。

私はその場で動けなかったので、家族に食事を用意してもらっていたりトイレに連れて行ってもらったりしていたのであります。食事は何を食べても吐いてしまうので、体重が一か月で10kgも減ってしまったのであります。

私はこの症状が続いてしまって、とても苦しかったのであります。だから私は精神科のある病院へ通院しようと思ったのであります。

うつ病の治療・克服方法

私は精神科のある病院へ通院することになったのであります。最初に行った病院では、私のことを人間扱いしないような先生にあたってしまったのであります。

それで余計にストレスがたまってきてしまったので、私は病院の変更することにしたのであります。私は病院を変更すると話をよく聞いてくれるいい先生と出会ったのであります。その先生はとても親身になってくれるので、私の症状はだんだん軽くなっていったのであります。

治療方法としては、カウンセリングと精神の薬をのんで行っていったのであります。そうしていくとかなり体調がよくなってきたのであります。

現在の状況

以前仕事場で受けたことがトラウマになってしまい、現在は仕事に就くことができていません。しかし体調は良くなってきているので、これからまた仕事につければいいなあと思っているのであります。

うつ病で悩んでいる人へのアドバイス

うつ病になってしまったと思ったら、すぐに病院に行った方がいいと思うのであります。一人で悩んでいても症状は悪くなる一方なので、病院の先生に相談していくのが一番いい方法だといえるでしょう。そうすればうつ病が良くなって体調が改善していくのではないでしょうか。

 - うつ病体験談