うつ病.com

うつ病に悩んだ私が、うつ病に悩んでいる人のために作ったサイト

職場のストレスが原因で、うつ病になった私がとった対処方法

      2015/09/07

花の画像

赤女(20代女性)と申します。

職場のストレスのなかでもよくある、人間関係のストレスからうつ病になりました。理由は単純で、同じ部署の人間と合わなかったからです。とうとう事務所で事故を起こし、救急車のお世話になりました。ここでは私の場合の対処方法とアドバイスを紹介したいと思います。特に、自分から環境を変えることが効果があると思っています。

経緯

入社4年目にして、急な、そして大きな人事異動。7月に急に上司から言い渡され、何の心の準備もできないまま、新しい部署への配属となりました。人事の関係で、いつかはこの部署に行くことは覚悟していたものの、いざその場になると、やはり戸惑いました。

仕事内容はさることながら、人間関係がなおさらでした。というのも、その部署には部長と後輩、そして私のたった3名しかおらず、しかも狭い小部屋に3人が机を並べる、圧迫感のある環境だったからです。

しかも部長も後輩も、「クセ」のある性格で、私が他部署にいたときでも2人のクセを把握しているほど強い「クセ」だったので、隣の席となると、毎日その「クセ」に強いストレスを感じていました。

しかし、1年我慢すれば異動できる、という話を風の噂できいたため、1年間、耐えました。

ところが、翌年7月になっても、8月になっても異動する気配はありません。年間計画をみても、翌年3月まで私がこの部署の計画に組み込まれています。異動はないのか、まだこの部署にいなければならないのか、この2人に囲まれて仕事をしなければならないのか、そう考えだしたとき、体に異変がおきました。

症状

もともと夏場は食欲が落ちて痩せる体質でした。しかしこの年の痩せ方は異常でした。最初は食べたら食べた分だけお腹をくだすようになりました。だんだん胃がムカムカするようになり、あまり食べられなくなりました。

にもかかわらず、お腹はくだしました。食べた量より多い便がでているのではないかと思ったほどです。体重は1カ月で4〜5キロ落ちました。

そして、仕事に向かおうとしても猛烈な睡魔に襲われ、通勤の電車の中では爆睡、電車を降り、駅から職場まで歩くときには睡魔でフラフラになりながら出勤していました。職場についても座っていられないほどの睡魔におそわれ、トイレに逃げ込んで眠気を覚ます、ということを繰り返していました。

そしてある日、どうにもならないほどの睡魔に襲われたため、更衣室で仮眠をとることにしました。15分ほど休み、また事務所にもどろうと階段を降りる際、また睡魔に襲われ、足を踏み外し、階段から転倒しました。踊り場まで勢いよく転げ落ちました。

ちょうど目撃者がいたため、すぐに救急車が呼ばれ病院に搬送されました。その際救急隊員の方が階段を数え「13段転げ落ちた模様」と報告していたのが聞こえたのを覚えています。

幸いにも、手に擦り傷を作っただけで、ほぼ無傷のまま退院できました。しかし、さすがに救急車を呼ぶほどの事態を招いてしまったことを反省し、行動を起こすことにしました。

対処方法

体調不良の原因はストレスだということは感じていたので、勇気をだして心療内科に行きました。インターネットで検索していちばん家の近くにあった心療内科です。

そこで話を聞いてもらい、薬を処方してもらいました。最初は自分が薬に頼るほど弱い人間になってしまったのか、とショックを受けましたが、また救急車で運ばれて人に迷惑をかけるよりはマシ、と腹をくくりました。

そして、「うつ病」と診断書が出されたので、それを会社にもっていき、人事権のある上司に提出しました。するとすぐに上司は1週間の休暇をすすめてくれて、さらに翌月の異動を約束してくれました。そして実際に翌月異動することとなりました。

現在

新しい部署に異動となり、仕事内容は難しくなれないことばかりでストレスはありますが、人間関係は良好で、なんとかやっていけています。

最近は薬に頼ることもありません。「前の部署が酷かったから、これ以上酷い環境はない」と考えればストレスを感じてもなんとかやっていける気がしています。

アドバイス

後で知ったことですが、私が行った心療内科はインターネットの口コミをみるとあまり評判はよくありませんでした。私にとっては、心療内科の先生の腕は関係なく、ただ話を聞いてもらえたことで、病気と向き合うことができ、開き直るきっかけになったのかもしれません。

わたしはたまたま人事異動することができ、環境を変えることができたため、体調は回復しました。なかなかこんなに話がうまく進むことは少ないと思います。

それなら、話を聞いてもらう、病院にいってみる、という何か1つでも行動を起こしてみることで、自分から環境を変え、自分自身に変化を与えることが効果的ではないかと思います。

 - うつ病体験談