うつ病.com

うつ病に悩んだ私が、うつ病に悩んでいる人のために作ったサイト

引っ越し後、ご近所トラブルに巻き込まれてうつ病になってしまいました

      2015/10/08

花の画像

せがさた(30代女性)と申します。

引っ越した先は、昔からその場に住んでいる人ばかりでそこに馴染もうとしてムリして頑張った結果「なんでこんなことをしているんだろう」と疑問に思い、うつ病になってしまいました。ほんの少しポジティブに考えてみると、意外と気分は晴れやかになりますよ。

新天地へ引越し

仕事の都合上、そして旦那の母親の家に歩いていける距離のところへ引越しを決めました。

静かな住宅街で、近くに小学校があり交通の便も悪くない場所で初見で決め、他にも色々不動産屋と物件を回りましたが、良さそうなところでしたので、そこで決定をしました。ご近所にも挨拶を済ませ、新生活のスタートです。

私の性格を説明しておきます

私は「他人によく思われたい」という性格の持ち主で、相手が相当酷い人でない限りは愛想笑いをし、穏便に済ませようという思考の持ち主です。

しかし心のなかでは「死ね、ボケ」と思っていることが多く、その思考と私の正体は旦那しか知りません。旦那いわく「切り替えが自分の中でできていない人」だそうです。

愛想よく愛想よく…

毎日愛想よくニコニコと挨拶をし、迷惑をかけないように生活を送ってきました。普段は会社にいっているので接する機会も少なくて、息が詰まることがありませんでした。

しかし、この辺りから私は在宅勤務に切り替えてしまったのです。通勤に時間がかかるので、というのが理由でしたが今から思えばこれが失敗でした。

うちの前で鳴く生き物

我が家は猫を飼っており、あまり鳴かないので迷惑をかけることも少ないと思っています。今まで無駄鳴きをしたこともなく、近所から苦情もありませんでした。室内飼いで外には出しません。

そんな中、我が家の軒下に来て騒ぐ外の猫が現れたのです。うちから猫のニオイがする、もしくは軒下がある家がうちだけなので雨宿りをするという理由からかもしれません。その猫が凄く鳴くのです。首輪をしているのでどこかの飼い猫です。しかし四六時中うちの前にいて、私たちが外に出るたびに鳴くのです。

保健所も飼い主に指導はできないとのことで、最終的には「エサをあげなかったらどこかいくからほっといて」とのことでした。エサあげてないから帰ってくれよ、と思っているときのことです。

仕事をしているとき、うちの前で近所の人が井戸端会議を始めたのです。今思えば私に聞こえるようにわざとしていた可能性もありますが、被害妄想ということにしておきます。「あの猫、うるさくて敵わない。ここで飼っているのかしら」「糞被害が酷い」との直接は言わない苦情でした。

元々弱いメンタルの私は、「うちの猫じゃないのに勝手なこと言って人のせいにして。迷惑なら自分で何とかしろよ」と思ったのですが、それはいえませんでした。

症状が出始める

そこからは、落ちていくのが早かったです。外で話している声は私に対する苦情なのではないか、今外での話し声は私へのものだ、平日の昼間でも物音を立ててはいけないのではないか、外にでないほうがよいのではないか、死んだら楽になるのではないかなどです。

旦那に相談すると「猫のことは俺がやっておくから君は病院へ行きなさい」といわれ、病院へいくことにしました。診断結果はうつ病で、カウンセリングを受けることにもなりました。

カウンセリング効果

他人にいえなかったことは全てカウンセラーさんに相談しました。周りの人のことが本当は嫌いで、なぜ私にだけ攻撃をしてくるのか、なぜ直接こないでネチネチと外で勝手な噂だけ話しているのか、そもそもあの猫は誰が飼っているのかなどです。カウンセラーは全部聞いてくれて、とてもありがたかったです。

それと同じくして薬を飲むことにしました。緊張を和らげ安定する薬です。そしてあまり家事をしないで、でも家にいることが苦痛ですので、旦那の母親の家に行って話をしたりするように、自分に時間をもつようにしました。

ちょっとした解決

一ヶ月ほどすると、旦那から「あの猫、首輪にメモで「なるべく室内で飼ってください」て書いて挟んでおいたらこなくなったから家に帰ったと思うよ」といわれ、ほっとしました。

カウンセラーや医者、旦那から「噂をする人はその場だけで盛り上がりたいんだから放っておいたらいい。結構いい年なんだし、君より早く死ぬ」と言われ、考えてみたらそうだよなと思うとポジティブになれました。

猫に関することや、周りに関することを全て知っていてくれる旦那がいたことにとても救われました。

現在は

現在はまだ薬を服用していますが、他人は他人私は私、外で会っても誰かの噂をしてようがどうでもいいし、噂しかすることがないくらい暇なんだ、と思うとどうでもよくなってきました。私も在宅勤務から会社に通うようになり精神的にも安定しました。

悩んでいる方へ

色んな事情があって「この気持ちは誰にも理解できない」と思っていると思います。私もそうです。今でもそう思っています。

しかし、ほんの少しポジティブに考えてみたり他人に話してみると意外と気分は晴れやかになります。ですので、電話相談でもいいですし、友人知人家族、医者話すことが大事です。

悩まないでください、ではなくて悩んでいいんです。悩んで悩んで疲れたら誰かに相談するといいのです。ネットでもいいです。自分を追い詰めないでください。どこか好きなところに吐き出してください。

 - うつ病体験談