うつ病.com

うつ病に悩んだ私が、うつ病に悩んでいる人のために作ったサイト

うつ病は記憶障害でわかりました。頑張りすぎないで、のんびりいきましょう。

      2015/10/13

花の画像

モリタ(30代男性)と申します。

私は20代の頃に仕事をがんばり過ぎて、うつ病を発症してしまいました。記憶障害が出ていたからです。思えば常に何かに追われるような感覚で、無理な仕事やスケジュールをこなしていました。ですが、ゆっくり生きる事の素晴らしさに気付き、ようやく自分らしい人生を手に入れられたのです。いつの間にかうつ病の事など忘れてしまった私から、スローライフの良さをお伝え出来ればと思います。

仕事に打ち込む日々、突然のうつ病発症

私は20代の頃、就職先の企業でがむしゃらに働いていました。5年間程は下積みのような時代で、その先で部下を持ち、ひたすら結果に拘った日々を過ごしていたのです。今思えば、それは希望に向かって走っていたのではなくて、ある種の強迫観念から仕事をするように自分を駆り立てていたような気がします。

そんな毎日の中、私は仕事に関する些細な事の記憶が飛んでしまう症状に見舞われました。

記憶障害と無気力状態

それまでの自分からは考えられない程、仕事に関するあらゆる記憶が飛んで行く状態になってしまいました。クライアントとのアポイントスケジュール・部下へ指示した内容・今日やるべきタスクなど…あらゆる事をすぐに忘れてしまう状態になり、周りから凄く心配されました。

ある時、それが原因で大きな損失に繋がってしまう事があり、私は周りに勧められて数日間の休みを貰い、心療内科を受診しました。

典型的なうつ病の初期症状という診断を受けると、その日から何に対しても無気力になってしまいました。

自宅で何をするわけでもなくただボーっとしていて、頭の中には今までの仕事であったイヤな事ばかりがフラッシュバックします。思い出さないようにしていても、いつの間にかイヤな記憶ばかりを思い出してしまっていました。

心療内科で勧められた、ゆっくりとした生活

心療内科へ定期通院となった私は、症状はすぐに収まるものではないと理解しました。

先生に勧められた事は「仕事は十分に頑張った、この先はゆっくりと休んで、気ままな生活を送ろう」と考える事でした。

その先生は評判の良い方で、私に対しては薬を処方する事をしませんでした。私のような場合は考え方に問題があるため、頑張らなければならないという思い込みをまず取り去る事が先決と教えてくれたのです。

幸い、お金を使う暇のないほど働いていたため貯金はあり、両親もしばらく休んでいい、お金も援助してやると言ってくれました。会社も休職扱いにしてくれて、ゆっくり休んでまた仕事がしたくなったら戻ってくればいいし、そうならなかったら退職しても良いと、今思えば寛大過ぎる対応をしてくれました。

それから私は趣味に打ち込んだり、古い友人と会ったり、ブラブラと散歩をしたり…とにかくその時やりたい事をやる生活をしました。やるべき事でなく、やりたい事です。努力しない日々でしたが、好きな事だけやれる毎日がこんなにも楽しいのかと徐々に満足感を感じていきました。

自分に合った方法での社会復帰

症状は快方へと向かい、好きな事だけをやる生活は1年弱の期間続きました。するとある日、ふつふつと仕事に対するモチベーションが高まっているの自分に気付いたのです。しかし、これで仕事を始めて以前の事のようになっては、元も子もありません。かといって社会復帰に対する前向きな感情を消してしまっては、この先の人生がどうなるか分からなくなってしまいます。

そこで私は「心の弱い自分でも継続出来る働き方」を模索し始めたのです。

以前は営業職だったのですが、私は個人事業主としてWEB制作を中心とした仕事を始める事を決めました。元々1人で黙々と何かを作ったり作業したりする事は得意でしたし、WEBにも強い興味を持っていました。決して無理をせず、個人事業主として自分の出来る範囲から少しずつお金になる事を始めて行きました。以前は「やらなければ・努力しなければ」と思い続けていたのですが、今は気分が向かなければやらなくていいや、気ままな状態で仕事をしています。もちろん収入は以前より落ちましたが、前職の取引先などの協力もあって、生活に困らないくらいの収入は確保出来ています。

うつ病で悩んでいる方へ

私のケースをご紹介しましたが、個人個人によって事情や症状、うつ病の程度も様々だと思います。

しかし、恐らく共通している事は「皆さん頑張り過ぎている」事だと思うのです。それは精神的な部分からの話で「努力しなければならない」と考え過ぎだと思います。

一度全てから逃げるのも良いと思います。自分に合わない環境・仕事など捨ててしまえば良いと思います。

人の期待に応えるのも生き方の1つですが、自分の考えを何よりも優先した生き方をする事の何がいけないのか?と考えてみて下さい。そう生きる事で人に迷惑を掛ける事もあるでしょうが、では迷惑を掛けずに生きて行ける人などいるのでしょうか?という話です。

もっと自分の欲・感情・趣向を大切にして、気ままな毎日を送ってみて下さい。今の世の中、色々な働き方がありますし様々な援助を受ける事も出来ます。これはつまり、自由な生き方が出来る背景が整って来ていると言えます。

とにかくひたすらゆっくりと、ブラブラと毎日を過ごしてみて、またやりたい事が出て来たら好きな分だけやってみて下さい。

世の中は思っている以上に簡単かもしれません。まずは今を自分らしく楽しんで下さい。

 - うつ病体験談