うつ病.com

うつ病に悩んだ私が、うつ病に悩んでいる人のために作ったサイト

現在うつ病で休養中。先を明るくみて、頑張らないで疲れたら休もう!

      2015/10/27

花の画像

あちゃもん(20代女性)と申します。

私は仕事でうつ病になり、現在休養しています。症状はだいぶ良くなってきました。うつ病の人が苦しむ原因は、周りから理解が難しいことにあると思います。頑張らないでください。疲れたら休んでください。それでいいんです。

うつ病だと気づかずに進行していった

私は元々気が弱く、几帳面でもありました。親にもかなり内向的な性格でよく心配されていました。

そんな私も結婚して子どもに恵まれ、社会に出て働く機会がやってきました。仕事に慣れてくると、何だか楽しくなってきて稼ぐ事に楽しみを覚え始めました。

全てが順調に思えました。周りからの高評価に喜んだり、部下の指導に当たったり。可愛い子供に素敵な旦那。私はなんて幸せだろうと思っていました。

ある春に上司が異動し、新しい上司になった時から、様子がおかしくなってきました。連日の残業と、注意、褒めて伸ばすよりはけなして伸ばす方だったので、自分を激しく責めるようになりました。

「こんな事で辞めたくない。絶対見返してやる。」とオーバー気味に仕事をこなす毎日が続きました。

寝れない、食べれない、人が怖い

弱音を吐けなくてもプライドが高くなってしまい、相談も出来ず、その内にご飯が喉を通らなくなりました。

夜の睡眠は1時間ごとに目が覚める始末です。うとうとしても夢の中でも追いかけられたり、仕事で怒られる夢を見たりして叫んで目が覚めたり、泣いて目が覚めることが毎日でした。

更に人が怖くなってしまい、接していても「あの人は私のことを悪口言ってる。」と想像が膨らみ、気分が落ち込むようになってしまいました。

この症状が酷くなって行き、ある時、自分はもう駄目だと泣き、布団から起き上がれず、疲れてしまって家に籠るようになってしまいました。私はうつ病と診断されました。

現在の状況とアドバイス

今は家族の勧めもあり、仕事を辞めました。うつ病の薬を飲んで、1日中寝ている生活を送ってきました。仕事を辞めてからは、少しづつ薬が減って動くことが出来るようになってきました。

私が恵まれているのは家族が協力的な事。仕事では「それは甘え」と言われてきましたが、家族は「ゆっくりでいいよ」と言ってくれます。

未だに人に会うのが怖くて、震える時があります。また眠れなかったり、不安に襲われたりしますが、そういう時は横になって眠っています。酷い時は薬を服用しています。完治するにはまだまだかかりそうです。

私はあの時の自分に、今だからこそ言えます。「頑張るな。休みなさい。いいんだよ」と。

うつ症状が悪化する前に休めなかったのか、辞めれなかったのか考えてしまう時がありますが、今は自分のやりたいように生きています。治った時に家族に恩返ししたいです。

今はうつ病患者は多いです。無理せずに自分を責めずに病院へ足を運んだり、休んでみたりしてください。

 - うつ病体験談