うつ病.com

うつ病に悩んだ私が、うつ病に悩んでいる人のために作ったサイト

一人で悩まないで!うつ病の克服にはまずは周囲に相談を!

      2015/10/29

花の画像

りょうすけ(30代男性)と申します。

色々な理由から、うつ病と診断され会社を長期休業しました。信頼のおける先生と出会う事ができ、今では社会復帰できています。まずは周囲に相談をしたり、勇気をだして病院に行くことが大切です。うつ病でお悩みの方々、一緒に克服しましょう。

うつ病になった経緯と症状

皆さんはじめまして、私は38歳男性です。うつ病と診断されたのは、33歳くらいの頃でしょうか。今でも月に一度のペースで病院に通院しています。

うつ病に悩んでおられる方は、今の世の中多いのではないでしょうか。私がうつ病になった原因としては日々のストレスや仕事、職場環境でした。

日々のストレスに加え普段の仕事、職場の雰囲気、人間関係に悩んでいた事が原因でした。サービス残業や休日出勤は当たり前の事で、代休すらろくにとれないといった状況が続きました。

日々の忙しさから、休憩時間も仕事の段取りの話ばかりです。正直な所普通の感覚の人間であればまいってしまいます。

そんな状況である為職場環境も次第に悪くなっていきました。私自身に変化が現れたのはその頃からです。毎日が無気力になり、今まで真面目に取り組んでいた仕事もやる気がおきず、もうどうでもいいと考えるようになってきました。

おまけに、家でもずっと色々と考え込んでしまい寝不足、いわゆる睡眠障害が出始めたのです。食欲もでず次第に会社も休みがちになってしまい、一度病院にいってみようと考えたのです。

対処方法として

皆さんも多分同じだとは思いますが、精神科や心療内科という所は行きにくい場所であると思います。私もそうでしたが、色々と調べてみて行ってみました。

先生はとても親切、丁寧でよく話を聞いていただきアドバイスもくれました。まずストレスを一つでも減らす事、ストレスは1+1=2ではなく3にも4にでもなるとおっしゃっていました。

自分の好きな事や気分転換が一番のようです。

うつ病と診断されました。薬としては安定剤3種類と、睡眠障害がありましたので睡眠薬も処方してもらいました。

安定剤は個人にあう、あわないがあるので一週間単位で症状を見てもらいました。薬の変更もありました。夜も眠れるようになり、安定剤でごまかしながら仕事にいっていた感じです。

ただ気分は少しずつおちついてきた感じがします。一番酷い時にくらべたらかなりましになりました。

現在の状況

今は落ちつき、月に一度のペースで通院しています。当初診断書がでてから長期休暇になりましたが、復帰もできました。部署は、自分にそれなりにあう部署に異動させてもらいました。

うつ病でお悩みの方々へ

やはり自分一人で抱え込んでしまう事が一番ダメだと私は思います。勇気をだして、病院にいかれてみてはいかがでしょうか。自分にあった先生に出会い、いきさつをよく話して治療していく事が大切だと思います。

依存性のない薬もあります。薬に対しての不安も説明してもらえます。精神科や心療内科の場合は、診察や薬の代金は高めですが、自立支援制度というものもあります。

一人で悩まず、信頼できる親族の方やご友人などに相談されて、一度病院を受診してみる事をお奨めします。

頑張って一緒に治していきましょう。

 - うつ病体験談